業務案内

吹田市の株式会社尾崎内装はショッピングモールなどの大きな商業施設や、大学などの公共施設の新築工事にともなう軽天工事、ボード工事を大阪府全域で承っております。天井の状況に合わせてLGS(軽量鉄骨)を加工したり、ボードを張ったりといった作業には、確かな技術とミリ単位のズレも許さない丁寧な作業が求められます。
実績が豊富な株式会社尾崎内装の強みは、現場の状態やご要望に合わせて、最適・確実な施工をお届けできることです。

軽天工事(LGS工事)

軽天工事とは、0.5mmの薄い亜鉛メッキ鋼板を使用して、壁や天井の下地となる骨組みを作る工事です。「軽量鉄骨」と呼ばれる材料を格子状に組んで固定していきます。一般の方が普段の生活の中で直接目にすることはありませんが、ボード工事の下地にあたる工事なので、その役割は非常に重要です。以前は木材で骨組みを行なっていましたが、現在では防災面やコスト面で優れていることから軽量鉄骨の骨組みが多くの建物で採用されています。
軽天工事を行なうことによりスペースを区切ることが可能となり、パーティションの役割も生まれます。そのため、軽天は内装下地のさまざまな場面で使用されています。

ボード工事

ボード工事とは天井や壁の下地となる部分を作る工事で、軽天工事が完了した箇所の上に石膏ボードを貼りつけていきます。
天井や壁の塗装やクロス張りを行なう前の作業で、近年では店舗や学校・オフィス・公共施設の多くがこの工法を採用しています。
ボードとボードの間を隙間なく貼りつけ、境目をパテで埋めることにより、塗装工事やクロス貼りといった工程でひび割れなどのトラブルが起きるのを防ぐ効果があります。また、防音・遮音性や耐アレルギー性に優れているというメリットもあります。